FC2ブログ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 敬老の日に想う・・・

IMG_3584n_convert_20150913161450.jpg
( イブキコアザミ キク科 伊吹山 )





ハレルヤ~
いつもありがとうございます。





9月21日は「敬老の日」なのですね!
父や義母と一緒に暮らしていたときは
ささやかな敬老のお祝いをしたものですが
義母も父も召された今
今日が「敬老の日」であることすら
すっかり忘れていました。






IMG_3572n_convert_20150825155338.jpg
( ミツモトソウ バラ科 伊吹山 )






義母と一緒に暮らしたのは16年
そのうちの3年間は、父も一緒でした。
二人とも認知症を患っていましたので
いろいろ大変なこともありましたが
今振り返ると、その大変だったことさえ
懐かしい思い出となっています。





豪傑だった義母の数々のエピソードは
今でもはっきり覚えています。





デイサービス中に勝手に抜け出して
ヒッチハイクで帰って来たり
どうしても登りたいと駄々をこねて
御在所岳に行ったものの
途中で動けなくなり
大変な目に遭ったことなど
ハラハラドキドキ・・・
何とも豪快なおばあちゃんでした。





父はと言えば
耳が遠いにも関わらず
義母の良き話し相手となってくれたので
大いに助かったのですが
ある日、父に義母の話はわかるの?
と、聞いてみました。





そうしましたら
「言葉が違うさかい何ゆうたはるか
ようわからんのや~」
ですって!





義母は会津、父は京都の出身ですから
さもありなんです。
それでも「うん、うん」と相づちを打つ父と
話好きな義母とはちょうど良いコンビで
よく二人で笑っていました。





思い出していると二人の顔が心に浮かび
とても懐かしい気持になりました。
この地上ではもう会うことは叶いませんが
いつの日か天国で再会できるのを楽しみにしています。
このすばらしい恵みを心から感謝します。








イエスは言われた。
わたしは、よみがえりです。いのちです。
わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。


(聖書 ヨハネによる福音書11章25節)








☆ランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックをお願いします!


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございました\(^▽^)/



- 25 Comments

夏娘  

petero k さん おはようございます。
ミツモトソウ 可愛い花ですね 
伊吹山で育ったからでしょうか、、、
賀茂川で見掛けるより引き締まって育ってる気が w(*゚o゚*)w 

そうやったんですよね、、、敬老の日 
シルバーウィークとは思いながら 
夜まですっかり忘れてました (・。・; 

記事からはほのぼののした空気が 
素敵な思い出ですね (´∀`*) 
同居で一緒に暮らしてはったからこそでしょうか、、、
会津の言葉どんなかしら 気になります ( *´艸`) 

2015/09/22 (Tue) 07:20 | EDIT | REPLY |   

☆さくら  

petero kさん、おはようございます✿

敬老の日に想う・・・
素敵な追憶ですね。

キッと その当時は大変で、心が休まらない日々が
おありだったのでしょうね☆

けれども~、petero kさんは ほんとうに心の
お優しい方でいらっしゃるので 困難を困難と
思わずに、お義母様と16年間も一緒に過ごして
いかれたのだと思います。

petero kさんの お父様と、お義母様が御一緒だった
3年間の日々の、お二人のご様子が とても温かくて
私は 胸が熱くなってきました。

敬老の日・・・
私も、頻りに 父の顔が思い浮かんでくるのです。
父の誕生日月でもありますから☆
思い出は遠くなっていきますが、いつも切なく懐かしく
思い浮かんできますね。

petero kさん、お身体は如何でしょうか。。。
御無理をなさらないで下さいね☆

穏やかな時が流れていきますようにと、
私は いつもお祈りしています☆☆☆


2015/09/22 (Tue) 08:09 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/22 (Tue) 09:54 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/22 (Tue) 10:12 | EDIT | REPLY |   

ざくぁざ  

敬老の日がピンとこなくなりました。
祝日がコロコロと替わると、ついていけなくなる私です。

ご主人のほ両親の様子にほっこりしました。
ことばがわからなくても 
聞いてもらえてお母様はうれしかったのですね。

エピソードにも「!」です。
同居中もさぞやいろいろとお有りだったでしょうね。

2015/09/22 (Tue) 10:42 | EDIT | REPLY |   

さくら  

お父様とお義母様の会話
なんともほほえましい^^

当時は大変でも 時は懐かしい思い出に変えるのですね。

私は今や孫から長生きしてねーと
言われる身になりました。。。

2015/09/22 (Tue) 14:16 | EDIT | REPLY |   

ふぁる代  

イブキコアザミ

存在感のあるお花ですね 渋い色で好きです
豪傑なお義母さまだったんですね ヒッチハイクなんて、、
お義母さまとお父様ご同居だったんですね お二人の会話のお姿なごみますね 実際にはご苦労もおありだったでしょうが すべてに優しい目線で語られるpetero kさんと だんなさまが同居だからこそおできになったんでしょう 

2015/09/22 (Tue) 19:41 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/22 (Tue) 20:08 | EDIT | REPLY |   

エヌエフ  

petero kさん こんばんは。

なんかね~ こういう記事に癒されるんですよ。
身に染みると言いますか・・・

先週うちのお袋は再手術でついにアキレス腱を取っちゃいました。
もうなにをするのも歩けないのが前提なんですよね。
極度の認知症であることが救いになることもあるんですよね。
本人は何も気付かないまま自分の世界で生きていられますからね。
これってやっぱり神さまの救いだと思ってます。

ともあれ、petero kさんがこうした記事を綴られていることにホッとしております^^
ムリをしない程度でブログ続けてくださいね。

2015/09/22 (Tue) 20:53 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/23 (Wed) 12:58 | EDIT | REPLY |   

ジェイジェイ  

素敵なお二人だったんですね
ヒッチハイクの話に、びっくり
言葉がわからないけどの話に、ほっこり・・

老いてくると大変なことも多いけど
(周りの人にとっても)
それも人生の一部なので
ただ妻や家族を思いやることだけは
覚えていられたらと願っています



2015/09/23 (Wed) 15:51 | EDIT | REPLY |   

petero k  

夏娘さんへ

夏娘さん、こんばんは。
いつもありがとうございます。

ミツモトソウ、小さくて可愛らしい花でした。
賀茂川でも咲いているのですね。

敬老の日、すっかり忘れていましたが
いつの間にか、日にちが変わったのですね。
確か、以前は9月15日やったような・・・

義母や父との同居は大変なこともいっぱいありましたが
今思い返すと、とても懐かしく
一緒に暮らせてよかったなぁ~と想っています。
会津のことばもあったかくて良いですよ。
お国言葉って良いですよね。

2015/09/23 (Wed) 18:36 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/23 (Wed) 20:27 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/23 (Wed) 20:29 | EDIT | REPLY |   

petero k  

☆さくらさんへ

☆さくらさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。

当時は初めての介護に戸惑うことばかりで
失敗だらけの日々でしたから
天国で再会したら謝らなくてはならないことがいっぱいあります。

義母の方が認知症が進んでいたので、父が来たとき
子供の頃遊んで貰った近所のおじいちゃんだと思い込んで
喜んで父を迎えてくれました。 
どうなるかと案じていったのでほんとうに助かりました。

いろんな事がありましたが、今は、どれもが懐かしい思い出。
一緒に暮らせて本当に良かったと思っています。

気候もいいので、とても元気に過ごせていますので、ご安心くださいね。
いつもお気遣いいただきありがとうございます。
お祈りを心から感謝します!





2015/09/23 (Wed) 21:15 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/23 (Wed) 21:18 | EDIT | REPLY |   

petero k  

ふぁる代さんへ

ふぁる代さん、こんばんは。
いつもありがとうございます。

アザミって、存在感のある花ですよね。
昔、アザミの歌というのがありましたが、山でよく歌いました。

義母は八人兄弟姉妹の長女で、母親を早くに亡くし
弟妹を育てた人なので、肝っ玉母さんであり、豪傑でした!
ヒッチハイクをしたのは86歳の頃ですから、凄いですよね。

父が認知症になって一人にしておけなくなり、夫の厚意で
父もわが家に来て貰いました。
二人とも認知症があったので一緒に暮らせたのかも知れません。
認知症であることも、マイナスばかりではなく
プラスもいっぱいあるように思います。
介護はその時は大変ですが、後になってみると良き思い出になりますから
無理せずゆっくり、ゆっくり・・・ ですね。
 

2015/09/23 (Wed) 21:25 | EDIT | REPLY |   

petero k  

鍵付きコメント(し)さんへ

鍵付きコメント(し)さん、こんばんは。

写真、ピンぼけですが、ミツモトソウは優しい雰囲気の花でした。
イブキコアザミは逞しそうな花ですよね。

義母が初めての認知症介護でしたから
どう対応していいか、戸惑うことばかりでした。
失敗だらけの介護でしたから、義母や父も辛いこと、嫌なことが
いっぱいあったかも知れません。
でも、今思い出すのは義母と父の笑顔ばかり。
一緒に暮らせて本当によかったと思っています。

2015/09/23 (Wed) 21:31 | EDIT | REPLY |   

petero k  

エヌエフさんへ

エヌエフさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。

義母が父を快く迎えてくれたきっかけは
父のことを、子供の頃に遊んで貰った近所のおじいちゃんと
思い違えたからでした。
父が来たとき、「あら~ おじいちゃんじゃないの!」と
大喜びで迎えてくれたのです。
この言葉に父も緊張が解け、すんなり同居することができました。
認知症というとマイナス面ばかりが強調されますが
認知症であることで救われることや、良かったと思うことがありますよね。
八人兄弟姉妹の長女だった義母が一番の長生きだったので
弟妹たちが先に亡くなった時も、すぐに忘れることができ
悲しみに沈まずにすみました。これも神さまの恵みだと思いました。

秋になって凌ぎやすくなり、ますます快調です!
いつもお気遣い頂きありがとうございます。

2015/09/23 (Wed) 21:41 | EDIT | REPLY |   

petero k  

鍵付きコメント(は)さんへ

鍵付きコメント(は)さん、こんばんは。

敬老の日・・・ 普段忘れていても、この日は懐かしく思い出しますね。
当時は、認知症の症状にどう対応して良いかわからず
戸惑ってばかり、失敗だらけの介護でした。
大変なこともいっぱいありましたが、
それでも、一緒に暮らせてほんとうに良かったと
今は心からそう思います。

また天国で再会できることは本当にすばらしい恵みですね。

2015/09/23 (Wed) 21:53 | EDIT | REPLY |   

petero k  

ジェイジェイさんへ

ジェイジェイさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。

義母は豪傑でしょう!
さすが八人兄弟姉妹の長女ですよね。
父も長男なのですが、義母に比べてオットリで控えめな性格でしたので
活発な義母と、静かな父、ちょうどよかったみたいです。
認知症だったからこそ、一緒に暮らせたのかも知れません。
認知症であることさえも益に変えてくださった神さまに感謝しています。






2015/09/23 (Wed) 22:13 | EDIT | REPLY |   

petero k  

鍵付きコメント(シ)さんへ

鍵付きコメント(シ)さん、こんばんは。

お送り下さった記事、読ませていただき
とても参考になりました。
ほんとうにありがとうございます。

2015/09/23 (Wed) 22:17 | EDIT | REPLY |   

petero k  

鍵付きコメント(ぴ)さんへ

鍵付きコメント(ぴ)さん、こんばんは。
こちらこそありがとうございました。

一段落されたら、ゆっくりお休みくださいね。
私も調子乗りなので、無茶しないように気をつけます。
お気遣いありがとうございます。

2015/09/23 (Wed) 22:20 | EDIT | REPLY |   

petero k  

さくらさんへ

さくらさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。

父と義母の会話を聞いていると
父はちゃんと聞き取れていない筈なのに
二人で会話が成り立っているんです。
もし、認知症でなかったら、こんな風にはいかなかったと思います。
認知症ってマイナス面だけが強調されますが
認知症だからこそ良かったということもあるのですね。

私はおばあちゃんッ子でしたので、
心からおばあちゃんに長生きして貰いたいと願っていました。
さくらさんのお孫さんも、きっと同じですね。

お返事が後になってしまってごめんなさい。


2015/09/23 (Wed) 23:00 | EDIT | REPLY |   

petero k  

ざくぁざさんへ

ざくぁざさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。

敬老の日がピンとこない・・・同感です!
確か、以前は9月15日でしたよね。
それが最近は9月の第3月曜日になったとか、
これでは日が年によって違ってくるので、ますます覚えられませんね。

義母と父との会話は通じていないにも関わらず
いつも笑い声が聞こえてきて、ほんとうに愉しそうでした。
認知症であったことが幸いしたのでしょうね。

義母の豪傑エピソードは、まだまだあるんですよ。
何とも逞しい義母でした。

* コメント欄を見間違えてしまい
お返事が後になってしまいました。ごめんなさい。

2015/09/23 (Wed) 23:08 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。