fc2ブログ

 Never worry !


( ロサンゼルスの道端に咲いていた花 )



    神を愛する人々、すなわち神のご計画に従って召された人々のためには、
    神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。


                            (聖書 ローマ8:28)



3月28日の17時に日本を出発し、時差16時間のロサンゼルスに到着したのが、28日午前10時前。 初めて足を踏み入れた地で、神様は何を語ってくださり、何を見せてくださるのだろう・・・ 期待で胸がいっぱい。

キャンプでは、「獄中からの賛美」(雲の間にある虹出版) の著者であり、神学校で 「感謝と賛美」 について講義してくださっているマーリン・キャロザースさんのセミナーを、はじめて生で受けることができ感激しました。

十数年前、マーリンさんの 「獄中からの賛美」 を読んだとき、衝撃を受けました。 絶対に感謝なんてできない最悪の状況を、マーリンさんは感謝し喜び、そのことのゆえに神様をほめたたえておられたのです。 
聖書には 「すべてのことを感謝しなさい」 とありますが、良いことや嬉しいことならともかく、困難や問題が起きたとき、そのことを感謝するなど、当時の私には考えられないこと、及びもつかないことでした。

けれども教会では、すべてのこと感謝しなさいと、繰り返し、繰り返し語られていましたので、感情は伴わないものの意識して感謝することをやり始めてみました。

そうしましたら、問題や困難の背後に神様のすばらしい計画があること、感謝する時それが開かれていくことを知りました。 また、悪いと思っていたことが、祝福に逆転するのを体験させていただきました。  (右のカテゴリ、感謝を通して与えられた恵みをクリックしていただくと記事があります)

問題や困難は、私たちを愛してくださっている神様が、それらの問題や困難を通して、神様のみわざを現し、さらなる祝福を与え、信仰を立て上げるためにゆるしておられるのだとわかってきました。

神様のことばは真実です。 日本に起きた未曾有の大災害においても、このことの背後に神様のすばらしい計画が必ずあるのですから、見えるところによって希望を失い落胆するのではなく、神様のことばに立って感謝し、神様のすばらしいご計画が開かれ、神様の最善がなるように祈っていきたいと思っています。

「 Never worry 」・・・ どのような状況の中にあっても、「決して心配しない」  今回のセミナーで、マーリンさんを通して神様が与えてくださったことばです。 神様に心から感謝します。 ハレルヤ!


DSC02178_convert_20110405090035.jpg
(マーリンさんのセミナーを受けたサンディエゴの教会)


☆ランキングに参加しています。 
よろしければ応援のクリックお願いします

にほんブログ村 主婦日記ブログへ 
ありがとうございました☆










1 Comments

大空のMidori  

みんなで祈りましょう!

i-155みんなで祈りましょうi-175

実は,末期癌でお父さんを天国に送り,『阪神大震災』で被災した兄弟のv-465では“義援金の受付”が始まっているんですe-316e-267e-267

その兄弟が数年ぶりにe-340に出会い,そしてChristianに戻れた時―――v-381同じく,大切な家族を末期癌で失った兄弟姉妹の為に祈る機会が与えられたのです......v-365

>神を愛する人々、すなわち神のご計画に従って召された人々のためには、
神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。

でも,v-465に戻れたのは天国に居られるお父さん,そして大学の先輩であり,友里ちゃんの伯母さんと同じく『日航ジャンボ機墜落事故』で亡くなられた,阪神球団の社長さんの祈りが在ったからにも思えます......v-378

v-351神様に出会えて良かったですv-351

2011/04/08 (Fri) 11:03 | EDIT | REPLY |   

Add your comment